08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-06-03 (Fri)


郡上八幡樂芸館へ 角田郁夫さんの四季彩展を見に行ってきました。

作品の写真を撮ることは できないので 入口の写真だけ

先日 お店に持ってきてくださった作品もありました
主人のおばあちゃんが 年賀状でいただいた作品もありました

ラ・フランスの微妙なグリーンの色づかいや あけびの葉っぱのきれいさに 感動しました


今度 おばあちゃんに年賀状をもう一度見せてもらいます


F1001482.jpg

せっかく郡上八幡樂芸館へ来たので 他の展示も見てきました。
2階から下りる階段を上から撮ってみました
かなり急な階段なので ちょっと怖いです

この写真を見て 思ったのですが この階段は 上りか下りかわかりますでしょうか
まぁ 上から撮ったって ネタばれしてるんですが

郡上八幡の町屋に関する資料は とても興味深かったです


スポンサーサイト
| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2011-05-31 (Tue)


先日 角田郁夫さんがお店に来てくださいました。
( 角田さんについて 以前書いた記事は こちら です。)

うちの裏に咲いている椿を差しあげたら その絵を描いたと言って
さっそく見せに来てくださったのです。


F1001128.jpg

これが 角田さんに差し上げた椿です。
白と赤のしぼりのような色合いです。


F1001134.jpg

そして こちらが角田さんが描かれた椿です。

色鉛筆で描かれた椿は ほんわかとしていて
角田さんのやさしい人柄が そのまま絵にも表れています。


現在 郡上八幡樂藝館で 展示会をされているそうなので
明日にでも 行ってきたいと思っています


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2011-04-18 (Mon)


4月初め 用事があって実家に帰る前に 名古屋へ寄って ゴッホ展へ行ってきました。

芸術のことは 詳しくわかりませんが 鑑賞するのは 好きです
こういうものを観ることによって 潜在的に何かしら影響を与えてくれると思います。

美術館で 音声ガイドを借りることは あまりないのですが
今回は TBSの安住アナウンサーが解説をしていると知って 聞くのを楽しみにしていました
安住さん いい声してますね~


F1001068.jpg

名古屋市美術館のお隣は 今話題のプラネタリウムのある名古屋市科学館。
写真だけ 撮ってきました

でも 建物の手前が工事をしていて 思うように撮れなかったです


F1001069.jpg

いつか・・・観に行ってみたいですね


| ARTのこと | COM(2) | TB(0) |
2010-08-21 (Sat)
篠田桃紅

篠田桃紅さんの作品 とても好きです
書道の枠を超えているので 書道家というよりは 芸術家ですね。

高級ホテル コンラッド東京のロビーには 彼女の巨大な作品が壁面に飾られているそうです。
話に聞いただけなので 見たことはありませんが・・・
このホテルには 高すぎて泊まることはできないと思いますが 見るだけでも価値はありそうですね。

岐阜県関市には 彼女の作品を見ることができる美術館があります。
これは とてもすごいことだと思います。
また時間を作って ゆっくりと見に行きたいです


   篠田桃紅美術空間


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2010-04-03 (Sat)
郡上八幡樂藝館3

郡上八幡樂藝館で 大和町の加藤文蔵さんの展示会 「なごみ展」 を見てきました。

主人の祖母 と 母が 見に行って
「すごくいいから 見てらっしゃい」 と先々週くらいに言われて ようやく見に行くことができました

確かに・・・すごい
こんな絵が描ける人が郡上にいるんだ・・・というかんじです。


毎年 大和町の古今伝授の里フィールドミュージアムで行われる・・・
4月 「ゆきばた椿まつり」
7月 人形浄瑠璃 「文楽」
8月 薪能 「くるす桜」  のポスターを描いてみえたということを初めて知りました。


   古今伝授の里フィールドミュージアム


私が帰るときに ちょうど ご本人がいらっしゃいました。
昔 学校の先生をされていたという加藤さんは 紳士的で とてもやさしそうでした。

この展示会は4日までです。
 

郡上八幡樂藝館1

郡上八幡樂藝館の外観です。


郡上八幡樂藝館2

別会場では こんな展示会もありました。
手芸作品が展示されていて みなさん ホント器用な方ばかりです


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2010-03-05 (Fri)
魯山人展1

JR名古屋タカシマヤで行われている 「北大路魯山人展」 に行ってきました。

デパートの10時開店と同時に店に入り 一番に会場を目指しました。
朝一番なので ゆっくり見ることができるかと思ったら 大間違い

みるみるうちに たくさんの人が集まってきて 会場の中は大混雑
あまりの人の多さに驚き ブログに載せる写真を撮ってくるのを忘れてしまいました

1時間かけてゆっくり見て 外に出てみると すごい行列・・・。
しかも入場制限をしているようでした。

魯山人展の人気は すごいみたいです


美食家として知られる魯山人は 食べ物だけでなく 器にもこだわっていたようです。
「器は料理の着物」 と言うほどですから なくてはならないもの・・・ということでしょうか。

お客様にもこれくらい器にこだわっていただけるなら
小酒井陶苑はうれしい限りですが なかなかここまでお金をかけられる人はいないですよね・・・。


でも この器で こんな料理を出してみるとオシャレかも・・・
なんて考えるだけでも楽しいものですよ。


   北大路魯山人展


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2009-10-14 (Wed)
家族の一人が「行ってみたいなぁ」と言ったひとことで 急遽みんなで行ってきました。

暗い町中に 和紙を通した灯りがたくさん並んでキレイでした。




作品がたくさんあるなかで このかわいい「だっぴしたセミ」に一番ひかれました
右後ろの茶色のものが脱皮した抜け殻なんです。
(本物のセミはあまり好きじゃないんですけど・・・)


20091010202644.jpg

二番目は コレ。 月のような・・・。
作品名は忘れてしまいました
よく見るとプラスチックのコップを並べて 丸を作っているんです。
そして中から光をあてると 影がきれいに映る・・・。考えてあるなぁと感心です。


20091010212347.jpg

写真だけ見ると本物の家みたい
でもこれも和紙を使った作品のひとつです。
家の中も細かい細工がしてあって ついつい覗いてしましました。
灯りがほんわかとしていて こんな家に住んでみたい


20091010201943.jpg

夏の花火・・・。きれいな町並み・・・。
なんとなく風流があって素敵です。



作品によって 灯りが直接見えてしまうものがありました。

しかし灯りは 和紙を通して見えるからこそ やわらかくなって
心地よいやすらぎをあたえてくれるのだなぁと思いました。


400点以上の作品があったそうです。

でも9時半過ぎになると 作品の灯りが次々と消されて 見えない・・・。残念。


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2009-02-27 (Fri)
IMG_0253_convert_20090226112410.jpg

名古屋の高島屋で開催されている エリック・カール展を見てきました。

とっても有名な 「はらぺこあおむし」。
チケットの絵は 日本の展覧会向けに作られた作品で
会場内では 本人が実際に作っている映像を見ることができました。

お客さんは 子ども連れのママ や 子どもたち。 おばあちゃん や 高校生もいました。
幅広い年齢の人の心をつかんでいるんですね。


私が初めて はらぺこあおむしの原画を見たのは 安曇野にある ちひろ美術館。
ここで見た作品に 目がクギづけになったのを覚えています。
セロハンのような紙を貼りあわせて 色の表現がおもしろい・・・。

私が勝手に思っていた このセロハンのような紙・・・の説明が展覧会でされていました。
エリック・カール本人が紙に色を塗って何枚も・・・何百枚も・・・(たしか何千枚?)
引出しに閉まってあるそうです。 これが彼のパレット。


見ているだけで ほんわかした気分にさせてくれます。


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
2009-02-12 (Thu)
IMG_0240_convert_20090212110920.jpg

岐阜県美術館の企画展を見てきました。

芸術のセンスというものは あまりわからないのですが
芹沢介さんの作品 好きです。

色使い や 文字の形 それに やわらかい雰囲気。


| ARTのこと | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。